バンパー変形修理は事故車扱いになるか

車の変形修理だけでは、事故車ではない

追突されて後部のバンパーの変形を修理したとのことですが、この程度だと事故車扱いとはなりません。

 

「追突だから事故でしょ?」とお思いになる人も多いと思いますが、
この程度だと「修理歴」にはなるかもしれませんが、事故車とはほぼならなですね。

 

通常、事故車となるのは、フレームとかインサイドパネルなどの車の骨格部分がおかしくなって、
走行に影響が出る車のことです。

 

実際に事故にあったとしても、その扱いとならないこともあるのです。
今回の場合は後部バンパーですし、修理後に歪みが残っているとのことですので、フレームに影響が出たが修理したという認識となるでしょう。

 

査定額は下がるのか?

 

査定額を出すには、専用の数式があり、フレームなどを交換している場合にはその係数を入れて計算します。

 

そして減算されて査定額が割り出されるという仕組みです。
それに、傷とかを減点していくことになるので、こればかりは車の状態を実際に見てみないことには何ともいえません。

 

一つだけ注意点をお伝えしておくと、査定額を上げようと、もう一度修理に出すことはやめた方がいいです。

 

それで変わるものでもありませんし、時間ばかりかかってしまいます。
そして、お金もかかりますね?

 

バンパーがきれいになっても、その分のお金が上乗せれるわけではないので、今からの修理は控えましょう。